<< 【他人の嫌なところが目についてしまうのはなぜ?】 | main | もし今日が人生最後の日だとわかっていたら    >>

【ご感想】  占い、セラピー、悩み相談、自己啓発。何をしても変われませんでした

0

    【ご感想】  占い、セラピー、悩み相談、自己啓発。何をしても変われませんでした

    JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

    JUGEMテーマ:催眠療法

    JUGEMテーマ:心理学


     「占い、セラピー、悩み相談、自己啓発。

    何をしても変われませんでした」

     

    そうおっしゃていたクライアント様から、

    パーミッションセラピーで、「少しづつ変化している」

    そんなお喜びのご感想をいただきました。

     

    【パーミッションセラピーのご感想】


    【1】どうしてパーミッションセラピーを受けようと思われましたか?

     

     「自分の行動や考え方のパターンは、

    潜在意識の中にある感情や情動に影響を受けていることが多い。

    良いこともあれば、もちろん悪い事もある」

     

     「占い、セラピー、悩み相談、自己啓発など、

    その場では納得し楽になっても、

    結局潜在意識の中にある原因を変えないと、

    すぐに元のパターンに戻ってしまう」

     

     「自分自身で意識できる顕在意識の中で、

    考え方の癖を直すのはとても大変なことで、

    少しの間は直せてもすぐに楽な今までの考え方や行動に戻ろうとする」 

     

    七海さんとの会話の中で、

    今までの私の行動を振り返った時、

    「なるほど!そういう事だったのか!」と

    すべてが腑に落ちました。 

     

    でも潜在意識は無意識の領域で、

    行動や考え方も特に意識して行っていないので、

    自分自身で修正するのは無理だと思いました。 

     

    パーミッションセラピーについては以前から興味がありました。

    その方法で潜在意識の中にある抑圧された感情などを

    知ることが出来たら、悪い考えや行動バターンも直せるのではと思えました。 

     

    ただ自分では見ないように蓋をした感情や情動なので、

    向き合うことには覚悟が要りますよと言われ、少し迷いました。

     

    しかし、数年越しに

    今ここに来れたことがすでに大きな”きっかけ”だと気づき、

    思い切って「受けよう!」と思いました。 

     

     

    【2】パーミッションセラピーに来られる前はどのような悩みや問題をお持ちでしたか?

     

     主人のことが嫌で嫌で仕方がなく、話すことも、

    主人からのメールに返事をすることすらも嫌でした。

     

    でも主人はとても真面目で家事も進んでしてくれる優しい人なんです。 

     

    それなのになぜ私はここまで嫌いなのか、なぜ優しく出来ないのか。 とても悩んでいました。 

    その間、いろんな占いやカウンセリングで相談したこともあります。 

     

    どこに行っても、

    「そのままでいいんですよ」「無理して話しをする必要ないですよ」としか言われませんでした。 

     

    同じ空間に居るだけでストレスが溜まり、

    イライラする事も多く自分の考え方を変えなければいけないのかなと、

    自己啓発本を読んだり様々なセラピーにも行きました。 

     

    でも何をしても、

    私の考え方や主人に対する感情は変わらず

    ストレスだけが溜まる一方でした。 

     

    いつしか主人の顔を見ずに済むように、

    主人が休みの日に仕事を入れたり、家に居る時は部屋に篭っていたりと

    完全に家庭内別居の状態となりました。 

     

    思い返せば、若い頃から私は男性には冷たく、

    付き合っていた優しい彼にもわがまま放題で少しも優しくできませんでした。 

     

    でも女性には優しく出来るんです。

     その理由がわからなくて、何か見えない原因があるのではとずっと思っていました。 

     

    でもその見えない原因をどうやったら見つけられるのか、

    どうやったらその原因を取り除けるのはわかりませんでした。 

     

    今回のカウンセリングではじめて、

    私はどんなに親切にされてもどんなに優しくされても、

    相手に対し感謝をするという気持ちが湧かないことに気づきました。 

     

    健康であること、家族がいること、子供がいること、

    安全な生活が出来ていること、親が元気でいること。 

    全てが当たり前過ぎて、ありがたいと思えていませんでした。 

     

    自分の話をたくさん聞いてもらうことで、

    今まで気づかなかった自分の問題点がたくさん見えてきました。 

     

    その後パーミッションセラピーを受けましたが、

    ゆっくり誘導され浮かんできたのは幼い頃の情景でした。 

     

    不思議な事に、

    忘れてしまっていた幼い頃の感情が手に取るようにわかり、

    子供の時の兄に対する罪悪感、

    母への思い、父への思いを感じることができました。 

     

    その感情を七海さんがわかりやすく読み解いてくださり、

    今の私に影響を与えていることが何なのかが、よくわかりました。

     

     【3】七海のパーミッションセラピーを受けられて1番良かったことは何ですか? 

     

    まだ1回目の受講ですが、

    受講後私の精神面、感情面に

    少しずつ変化が起きていることを感じます。 

    まだ幼い頃の感情を思い出しただけで、

    きちんとその感情に折り合いが付けられた訳でもないのに、

    もう変わりだしたことに驚いています。 

     

    七海さんのカウンセリングやセラピーは、とてもわかりやすく納得できます。 

     

    今までに出会った多くのセラピストは、

    きちんとした説明がなく、本に書いてあるまま、

    また、習ったテキストに載っている言葉のまま伝えてきます。 

     

    中には、

    理由もない不思議現象のような捉え方をされているセラピストもいました。 

     

    多くのセラピストは良く理由がわからないまま、

    習った手法をそのままクライアントに施しているようでした。 

     

    でも、七海さんは自分で勉強し理解し、

    十分納得したうえで自身の言葉で伝えてくださるので、

    私も納得でき安心してお任せすることができました。

     

     

     【4】すぐに効果が期待出来そう、または行動出来そうなことは何ですか? 

     

    すぐに行動できそうな事は、いまのところ思いつきませんが、

    私よりも先に、私の周りや環境がどんどん良くなっていきそう。 

     

     【5】パーミッションセラピーはどのような方にオススメしたいと思われますか? 

     

    自分の行動や考え方が良くないとわかっているのに、どうにも変えられない人。 

    そのせいで生きづらくなっている人。 

    変われるきっかけを待っている人。 

     

    年代( 40 代   ) ご職業( 会社員 )

     

    音譜パーミッションセラピーの詳細・お申し込みはこちら音譜


    実は数年前に出会っていたクライアント様。

     

    数々の占いや別のセラピーを受けた末、

    時間だけが過ぎて、「何も変わらない」自分に焦りを感じ、

    覚悟を決めてお越しくださいました。


    本気で変わる「許可」を出せたクライアント様だから、

    ますますの変化が楽しみです!爆  笑

     

    自分で「想った通り」の人生を創造していくヒントを配信しています

     

     音譜愛も豊かさも思い通りになる音譜
    人生が輝きだす7つのパーミッション(許可)無料メールレター

    メールレターのご登録はこちらから  

     

    ラブラブイベント・セミナーのお知らせラブラブ

    【満員御礼!】10/22愛されながら理想の自分を造るステップ
    @大阪


    【満員御礼!】12/10引き寄せ手帳創りクリスマスランチ会
    @東京


    【満員御礼!】12/20クリスマストークライブ@大阪

    【満員御礼!】1/7 夢が全部かなっちゃうカモ!予祝ランチ会@東京

    【募集開始!】3/11 「夢を叶える自分の愛し方」の著者、堀野絵梨ちゃんとのランチ会&スイートルームでの夢を叶えるワークショップ@大阪

    【募集開始!】3/18 「夢を叶える自分の愛し方」の著者、堀野絵梨ちゃんとの夢を叶えるランチ会@東京

    パーミッションセラピー協会代表 七海文重 * お客様の声 * 19:12 * - * -
    このページの先頭へ